MENU

実店舗型の古本買取と通販型の古本買取り

古本買取

古本買取には、おもに2つの形態があります。一つは店舗での買取で、もう一つは通販での買取です。店舗の買取は、実際の店に本を持って行って、買取をしてもらいます。持って行くと、店員の人が本の査定を行い、それが終わると買取金額を出します。自分がその買取金額に納得したら、受取証を書いてお金をもらいます。

 

この方法を使えば、現金をすぐに手にすることができます。本を店舗まで持って行かなければならないのは、デメリットと言えます。本がたくさんある場合は、車を使う必要があります。また家の近くに古本屋がない場合は、車を運転する時間が長くなります。通販型の買取は、その本屋に自分のいらない本を送付します。冊数の制限はないことが多いですが、あまりに多い時は断られる場合もあります。適当な量だったら、本を送るための送料は必要ありません。古本屋が負担してくれます。このタイプの古本買取は、忙しい方に向いています。忙しくて、古本屋まで行けない方でも、自宅で本を売ることができます。指定された日時までに、本を箱に詰めておけば、古書店が依頼した運送屋が取りに来てくれます。この方法にもデメリットはあります。すぐに現金を手にすることができません。売ったお金が入金されるまで、1週間程度かかることがあります。本を売却した代金は、古本屋がこちらが指定した銀行の口座に振り込んでくれます。本の買取の金額が納得できない場合は、本を返却してもらうことができます。ただし、その場合の送料は自分で負担しなければなりません。

 

買取金額は、本によってかなり違います。よく売れたベストセラーのような本の買取金額は極端に低くなることがあります。反対に専門書などの発行部数の少ない本の買取金額は、高くなる場合があります。もし専門書などの貴重な本を売りたい場合は、ネットで調べてそのような本を取り扱っているところに買い取ってもらいましょう。普通の古書店だったら、買取金額が低くなってしまうことがあります。

古本買取店を比較!買取相場が高いのはどこ?

相場

現在ではインターネットが非常に進歩しており、またスマートフォンやタブレットなどの持ち運びしやすい情報端末も発展し続けていることから、読書をするのに電子書籍という形態を選択する人が多くなっています。とは言え紙に印刷された本に魅力を感じる人も少なくないため、誰かがもう見なくなった本を買取って、それらを欲しがる人に販売するという、古本買取店の人気はいまだに高い状態にあり、その数もまたたくさんあります。

 

もし自分が手持ちの本を処分しようとする場合に、そういった多くの古本買取店の中からどこを選ぶのかは、手に入る金額を大きく左右することにつながるため、その選択は慎重であるべきです。損をしないためには色々な古本買取店を比較して、買取相場が高いところを見つけることが肝心なのです。古本買取店と一口に言っても色々なタイプがあり、多くの人にとってなじみが深いのは、テレビでCМを流しているところのような大型チェーン店でしょう。しかしそういったお店は、実は買取相場はそう高くないものです。そういったお店では、査定を行う時に在庫状況やその本の保存状態といったわかりやすい要素を重視するので、その本自体の持つ値打ちを考慮してもらえない場合が多いからです。

 

次に考えられるのは、個人が経営しているような街の古本買取店です。そういったお店は特定のジャンルに力を入れているところもあり、場合によっては自分が持って行く本がそれに合致して、高い査定額をつけてくれる可能性があります。しかし店舗の規模に限界があることから、一般的な本については買取ってもらえないこともあります。では一般的に買取相場が高いのはどこなのかと考えると、ネット上の古本買取店と言うことになるでしょう。そういったお店は実店舗を持たないために、設備費や人件費を抑えることができるので、その分高い査定額を着けてもらえる可能性があります。さらにそういったお店では、事前に買取相場についての情報を提供してもらえる場合が少なくないので、ある程度あたりを付けてから売りに出せるというメリットもあります。

文芸書の本買取を利用した人の口コミ

比較

本買取の口コミ情報として一般的には、買取にはブックオフなどの古本屋を利用することが多いでしょう。店舗も多く、持ち込みや郵送で受け付けてくれます。また、その場で査定されますので、時間がかかりません。ただし買取値段については、特定の人気ある書籍が高い場合多く、希少本などは評価があまりされていません。ブックオフ以外にも郵送で、高額に査定する業者(Revo Book Storeなど)も増えていますので、ネットで検索して比較することをお勧めします。

 

次にアマゾンでのマーケットプレイスですが、古本屋に比べて値段を高く設定することがメリットです。文芸書は話題になっている本や希少本も自分で値付けすることができおススメですが、買取の相手がいつ決まるかは相手次第ですので、時間的に急がない場合はこちらが比較的高価で買取されます。希少本などは、Yahooのオークションに出品すると最初の価格を設定すると高く売れる場合がありますので、利用されるとよいでしょう。また、東京神田の神保町には、特定の分野に特化して書籍を集めている古本屋がありますので、条件にあう場合には買取されます。

 

結論としては、時間的に急いでいる場合は、ブックオフなど店頭買取や郵送受付をしている古本屋にまとめて売る、人気本とあまり人気のない本でもまとめて売るという方法がよいです。時間的に余裕のある場合には、アマゾンのマーケットプレイスで、人気本や希少本は高くうれる可能性があります。希少本に関してはYahooのオークションに出品すると評価の高い値段になる可能性があります。本の状態などにより、価格が上下しますので、簡単な掃除をすることをお勧めします。また、売ることを前提として本を扱うとカバーのみを別に保管して、売る場合にカバーをつけると新しい状態で出せます。また、セットものにすると値段が高くなりますので、セットにして売ることを意識することもおススメします。

ビジネス書の本買取を利用した人の口コミ

ビジネス書

断舎利が大流行した時に自宅の物を減らそうと努力した方は多いでしょうけれど、自宅にあるものでただ捨てるのではなくて誰かにまた使ってもらえるならば差し上げる、もしくは有償で譲ろうと考える物もあったことでしょう。例えば、本や衣類。まだ十分読めるし着ることが出来るのに、ゴミ箱行きなどとは実に勿体無い話です。そしてインターネットを使えばこれらのリサイクル商品は引き取ってくれるところ、または買い取ってくれるところはたくさんありますが、その中でも中々買取が難しい部門があります。

 

それがビジネス書の本買取。ビジネス書は一般的にいって、自己啓発本よりも流行り廃れが激しい部門なのです。小説やイラスト画集、漫画などは買取専門業者も多いですが、ビジネス書はどうでしょうか。実はちゃんとビジネス書専門の買取店というのは存在します。いくつかある中で選びたいときは、まずは口コミをチェックしましょう。本買取業者を選ぶ上で大切なのは、査定金額が高いかどうかよりもその他の満足度、便利度が高いかどうかであるということが口コミからわかっています。例えば段ボールを送ってくれるサービスはないが、こちらでセットすれば業者さんが指定日に取りに着てくれて持ち込む必要がない、だとか、引受け冊数が少数から大丈夫である、とか、査定金額が気に喰わなかった場合に送り返してもらう時の送料はかからないであるとかです。

 

そういった口コミが多い店は取引そのものがスムーズに進む上に余計な出費の心配をしなくてもいいので有難いと感じるユーザーが多いようです。専門書などは小説と違って太くて大きく、重いものが多いので自分で持ち込まなくてはならないということは買取り願望を減少させてしまいます。また、ビジネス書などの専門書に限りませんが買取り店ではキャンペーンをやっている時期があります。どうせ買い取って貰うのであればそのキャンペーンの時期にあわせ、ちょっとでも買取価格が高い方がいいでしょう。

マンガの本買取をした人の口コミ

マンガ

本買取をしているお店はたくさんありますが、どんなところがいいのかを知っておくと、せっかくのマンガや本を高めに買い取ってもらうことができます。買取をしてもらうお店はどこがいいのか、ということを悩んだときには、口コミなどを参考にしてみるといいです。口コミでは、どのくらいの価格でどんな本を買い取ってもらうことができたのか、ほかのお店との比較なども書いてくれている人などもいるので、それを参考にして買い取ってもらう本や、買取をしているお店を選ぶことができます。

 

マンガは人気が高いものだけではなく、絶版になっているものや古くてマニアがいるものなどがあれば、高額査定を期待することができる場合があります。本買取に持ち込むときには、しっかりと本に何も挟まっていないことを確認して、汚れがあるものなどは多少の減額を覚悟して持ち込むようにするといいです。本買取をしようと思うときは本が多くなってきて本棚に納まらなくなったときなどが多いです。

 

マンガは続巻があるものなどはできるだけセットにして持ち込むようにするといいです。また、付属していたものなどがあれば、それを一緒に持ち込むようにします。付属していたものなどを一緒に持ち込むことで、もともと購入したときの状態に戻しておくことで少しでも高く買い取ってもらうことができます。
マンガ以外の貴重な本などの場合は、専門店へ持ち込んで買い取ってもらうようにしておくといいです。そうすることで、きちんとした専門知識があるプロがその本の価値にあった金額を提示して買い取ってくれます。口コミなどでもいろいろとありますが、自分が売りたい本がどのジャンルのものなのかを考えて、どの本買取のお店へ持ち込むといいのかを考えて決めるといいです。本買取のお店はいろいろな本を持ち込むことができるところと、専門学の本など、その専門のものだけを中心に買い取っているところなどさまざまです。なので、まずは口コミを参考にして持ち込んで査定をしてもらうようにするといいです。

古本買取でなるべく高値をつけて貰うテクニック

高値

自宅にある本として、もう読まなくなってしまった本は古本買取に出すことを検討するでしょう。検討されている方は、少しでも高く売りたいと考えているはずです。そこで、なるべく高値で売るためのテクニックについて紹介をしていくため、そちらを把握して実践していくようにしましょう。

 

まず、売ろうと思っている本は綺麗な状態にすることで高く売れる可能性があります。本の状態にもよりますが、状態が悪いと価値が付かないこともあります。本を綺麗にすることで、価値が付かない本でも価値が付く可能性があります。本の汚れとして多いものは、シールの粘着による汚れとなります。カバーがビニールの本はシールの粘着によって汚れやすく、汚れを放置してしまっている方も多いです。シールがまだ付いている本は、粘着部分が残らないように綺麗に剥がしていくようにします。綺麗にシールを剥がす方法としては、ティッシュとウェットティッシュを用意して剥がしていきます。ティッシュで擦るようにシールを剥がしていき、剥がし切れなかった箇所はウェットティッシュで拭き取っていきます。それでも粘着が残っているようであれば、除光液を使うと綺麗に除去することができます。拭き取る時には、強く擦ったり拭いてしまうと、カバーに傷がついてしまい、価値が下がってしまうため、そちらは注意しながら行っていくようにしましょう。

 

シール以外にも、汚れが付いている場合は、消しゴムで汚れを落とせる場合もあるので、消しゴムを使うのも有効となります。ビニールのカバーの場合は、アルコールを使って綺麗に汚れを取ることもできます。汚れ以外にも、ページや表紙などが破れてしまっていることもありますが、少しでも高く買い取ってもらうためにこちらも修復するようにしましょう。破れた箇所を修復する方法としては、つまようじや針などの細いものを用意し、そちらの先端にのりをつけて接着していきます。のりとしては、和のりが適しているので、そちらを利用されるほうが良いでしょう。